学科長からのメッセージ

  1. 学科長からのメッセージ

工学部情報エレクトロニクス学科

学科長・教授 山本雅人

皆さんは、情報エレクトロニクスという言葉からどのような分野を連想するでしょうか。何か漠然としていて具体的にイメージできないかもしれないし、人によってイメージするものが異なるかもしれません。それも無理はありません。情報エレクトロニクスの分野は多岐に渡っているからです。皆さんにとって欠かせないものになりつつあるスマートフォン、その基盤となっている通信、およびインターネット環境を実現するためには、電気・電子・通信・情報の最先端技術が背後で使われています。また、一見関連がないように思えるエネルギー・交通・流通・金融といったインフラシステム、さらには、生命・医療・ロボティクス・環境といった分野にさえも情報エレクトロニクス技術は幅広く応用されており、その技術は、もはや我が国の社会に不可欠な技術と言っても過言ではありません。

情報エレクトロニクス学科では、このような幅広い分野に精通し、多様化が進む社会で国際的に活躍できる人材の育成を目指しています。そのため、学科共通の科目では分野横断的な情報エレクトロニクスの基礎知識を習得するための基礎科目、その後は、より専門性の高い5つのコースに分かれて実践的技術を習得するための専門科目を提供しています。どのコースも魅力的なカリキュラムを用意して、講義や演習、実験を通した実践的教育を行っています。本学科が幅広い分野に対応できる人材の育成を目指していることは、卒業生の就職企業先にも現れています。大手電機メーカーや、情報・通信、運輸・エネルギー分野はもちろんのこと、マスメディアや出版、さらには、金融などの分野でも活躍している卒業生が数多くいます。したがって、現在の社会に見られる科学技術に多少なりとも興味のある方であれば、情報エレクトロニクス学科の教育・研究分野のどれかにマッチすることは間違いありません。

情報エレクトロクニス学科で学んだあと、多くの皆さんが大学院へ進学し、より専門性を磨いた後に社会への進出を実現し活躍されます。皆さんが,情報エレクトロニクス技術のプロフェッショナルとして、フロンティアスピリッツを発揮しながら、これからの国際化・多様化社会に向けて活躍できる人材となることを心より期待しています。

中央寄せ

工学部情報エレクトロニクス学科


学科長・教授 山本 雅人